日本の介護および在宅介護の環境へ新たなソリューションを提案「居室と天井走行リフト(Maxi Sky 2)の一体感が生みだす快適な介助環境」

2017/09/27

日本の介護および在宅介護の環境へ新たなソリューションを提案「居室と天井走行リフト(Maxi Sky 2)の一体感が生みだす快適な介助環境」

グローバルヘルスケアカンパニーであるGetinge Group(ゲティンゲグループ本社:スウェーデン ヨーテボリ)の日本法人で、医療機器や介助機器を扱うゲティンゲグループ・ジャパン株式会社(本社:東京都品川区 代表取締役社長 山下秀明)は、日本の介護及び在宅介護の環境へ新たなソリューションとして「居室と天井走行リフト(Maxi Sky 2)の一体感が生みだす快適な介助環境」を提案いたします。

日本において、介助者様の身体的負担軽減や腰痛予防のための介護福祉機器の導入が進む中、腰への負担が少ない天井走行リフトを介護施設や一般住宅に新たに設置する際、リフト本体が日常生活の環境で浮いて見える印象を与えることもあります。

しかし、天井走行リフト本体をキャビネットの中に収納することで、従来の介護施設や在宅の環境を壊すことなく、一体感を持った介助環境を演出することが可能です。

  

腰への負担が少ない天井走行リフト Maxi Sky 2

天井走行リフトは唯一臨床で証明された腰に負担をかけない介助方法です。天井に取り付けることで介助者様の動作や生活動線をさえぎることなく、介助を行うことができます。

Maxi Sky  2(マキシスカイ2)は、患者様や入居者様の体位変換を行う際、尊厳のある効率的な移乗ソリューションを提供します。簡単なボタン操作により、今まで行っていた人的介助の必要がなくなります。また、特徴的な機能であるダイナミックポジションシステム(DPS)によって、正確な利用者様の位置決めを可能にし、介助業務の質を高めると同時に、利用者様及び介助者様双方の負傷のリスクを軽減します。

■ 製品概要

販売名:Maxi Sky2

本体重量:(4方向仕様)12.3kg、(2方向仕様)11.6kg

安全耐荷重:272kg

水平走行時のスピード:10、15、20cm/秒

プレスリリースのPDFファイルはこちら


■ お問い合わせ先

ゲティンゲグループ・ジャパン株式会社
マーケティング&コミュニケーション本部
磯部
Phone: 03-6863-5122
E-mail: MJKK.INFO@maquet.com