手術室やICU、処置室のヘルスケア環境を改善、高度な機能とテクノロジーを備えた「シーリングサプライユニットMODUEVO」が販売開始

2017/02/24

ゲティンゲグループ・ジャパン株式会社

手術室やICU、処置室のヘルスケア環境を改善、高度な機能とテクノロジーを備えた「シーリングサプライユニットMODUEVO」が販売開始

グローバルヘルスケアカンパニーであるGetinge Group(ゲティンゲグループ本社:スウェーデン ヨーテボリ)の日本法人で、医療機器等を扱うゲティンゲグループ・ジャパン株式会社(本社:東京都品川区 代表取締役社長 山下秀明)は、高度な機能とテクノロジーを備えた「シーリングサプライユニットMODUEVO」を日本のヘルスケア環境への新たなソリューションとして、3月1日より販売開始いたします。

シーリングサプライユニットMODUEVOはエルゴノミクスワークステーションをご提案いたします。モジュール式で配置調整可能なアクセサリレールや様々なご要望にお応えできる多様なアクセサリ、感染管理に寄与できる外装仕上げなど、ヘルスケア環境を効率化すると共に、スタッフの省力化に寄与いたします。


  MODUEVO ICU向けご提案例 

 

 MODUEVO 手術室向けご提案例

 


生産性とケア効率の向上


効率的な運用が求められる院内において、MODUEVOは多くの選択肢から構成可能なビーム、ディストリビューター、アクセサリによって院内での業務の効率化に寄与いたします。電源供給が必要なアクセサリやオプション品の配置が自由にできる革新的な機構を実現したEPoS(Ergonomic Positioning System)レールや、新設計のビームやディストリビューターは用途に合わせて選択が可能で、高耐荷重で広い旋回範囲、ENERGYモデルにはマーケットで高いレベルの昇降範囲を実現し、スタッフのケア効率を向上するができます。また、ユニークなGrab & Moveハンドルにより握るだけでディストリビューターを動かすことができ、回転部の新型ベアリングや電磁ブレーキシステムにより、作業者の負担を大幅に軽減いたします。


多様な適用領域


MODUEVOは多彩な構成でご提案が可能で、手術室やハイブリッド手術室を始め、ICUやNICU、救急処置室や回復室などに適したケア環境を構築することができます。


■製品概要
販売日 :2017年3月1日
販売名 :シーリングサプライユニットMODUEVO
販売価格:仕様や装備により異なる為、都度お見積り
納  期:通常受注後3か月

 


ゲティンゲグループについて

ゲティンゲグループは、手術室、集中治療室、病棟、滅菌部門、介護施設、ライフサイエンス関連企業ならびに公共施設向けに革新的ソリューションを提供する世界有数のグローバルプロバイダーです。生命に対する真の情熱をもって、ゲティンゲグループは、高品質で安全安心なシステムを皆様にご提供いたします。ゲティンゲグループのユニークな価値提案は、クリニカルパス全体におけるケアの継続性や効率性の強化が反映されています。直接的な経験と緊密なパートナーシップに基づいて、ゲティンゲグループは、お客様の期待を凌駕しながら、人々の生活を今日そして未来において改善できる製品やソリューションをお届けいたします。
詳細はこちらをご覧ください。www.getingegroup.com.

 

プレスリリースのPDFファイルはこちら

お問い合わせ先

ゲティンゲグループ・ジャパン株式会社
マーケティング&コミュニケーション本部
金子 洋介
Phone: 03-6863-5122
E-mail: MJKK.INFO@maquet.com