Learn about Maquet, a brand with a rich history of innovation in healthcare.

1838年、Maquetがドイツで設立されてから、初の電動手術台などの革新的な製品を通して、病院をサポートしてきました。1967年、南アフリカで行われた世界初の心臓移植手術でMaquetの手術台が使用されました。治療の現場で直面する問題を理解し、絶えず製品に反映させて、世界をリードする総合的な治療ソリューションプロバイダーへと成長しました。

今や、MaquetはGetingeグループの製品ブランドです。Maquetは、手術室、ハイブリッド手術室、カテーテル処置室、集中治療室など要求の厳しい病院内の各部門や院内、病院間の患者移動のために、幅広い製品、革新的な治療ソリューションとインフラストラクチャーを提供しています。

 

Getingeグループについて
スウェーデンのヨーテボリにあるGetingeグループにはArjoHuntleigh、GetingeとMaquetという三つの製品ブランドがあります。
グループ全体の売上は3百億スウェーデンクローネを超え、全世界にあるグループ会社を通じて販売しています。製造工場はブラジル、フランス、カナダ、中国、ドイツ、ポーランド、スウェーデン、トルコ、イギリスとアメリカなどにあり、グループ全体で世界41カ国の15,500を超える従業員が働いています。 


Getingeのリーダーシップ

当社は、従業員が高いパフォーマンスを発揮できるよう努力します。
私たちは、従業員の自己啓発と成長に着目しています。そのため、従業員は会社の期待に応えられると同時に個人の目標も実現できます。 Getingeグループは、グループ全体の成功に繋がる四つの行動規範のフレームワークを定めました。各行動規範には二つのコンピテンシーが関係しており、これらのコンピテンシーは私たちの人材マネジメントプロセスにおける能力評価活動を定義する基本になります。この能力フレームワークは、最適な候補者が管理職に就くことを保証します。また、フレームワークを通じて、個人の潜在能力が早期に認識され、従業員は自分に何が求められているかが分かり、体系化したキャリアプランにおいてそれらの能力を伸ばすことができます。