ダウンロード


    ダウンロードできるコンテンツがありません。

高性能かつコンパクトなFUMOVAC 900排煙装置は、手術室での永続的な使用を想定しており、通常稼働時に500l/min以上の静音排気を実現します。ターボモードでは900l/min以上の高容量排気が可能なため、遠くのサージカルスモークも処理でき、長いサクションチューブでも効率的に排煙します。

高品質の材料と堅牢な仕上げに加え、操作やフィルター交換も簡単で、HFタワーやシーリングサプライユニットに柔軟に組み込むことができる省スペース設計になっています。

FUMOVAC 900は、現代の超音波、HF、RF、およびレーザー手術の要件を完璧に満たす複数の互換部品で構成されています。

  • インタラクティブなLCDディスプレイを備えたコンパクトな本体
  • 4層構造の効果的な高性能ULPAフィルター(3つのサクションポートを装備)
  • 空気式フットスイッチ
  • 異なる長さと直径のサクションチューブ
  • ユーザーのニーズに合わせて選択可能な各種アダプター
  • 自動HF/超音波リモートスイッチアクティベーターと専用トローリーを含む、包括的なアクセサリー

優れた汚染保護

4層構造の高性能ULPAフィルターは、直径22mm(7/8“)、9.5mm(3/8“)、6.4mm(1/4“)の3種類のサイズのサクションポートを備えています。これにより、サクションチューブを正確に接続できます。排出後に有害物質が元の場所から移動せず、手術室の空気に混ざらないようにするために、この高性能フィルターは独立ユニットとなっており、磁力式ロックフラップで使用していないサクションポートが塞がれます。

4層構造の高性能フィルター

プレフィルターは、大きな粒子や液体を除去します。特許取得済みの高性能ULPAフィルターは、99.999%の効率で0.1~0.2μmの粒子を濾過します。活性炭フィルターは、すべての煙と臭気を効果的に閉じ込めます。効果的な終端フィルターにより、ホルムアルデヒド、ベンゾール、トルオール、一酸化炭素などの有害な粒子および化学物質が手術室に侵入しなくなります。

重要なパラメーターをすぐに認識可能

FUMOVAC 900排煙装置は、主要なパラメーターが一目でわかるようにユーザーフレンドリーな使い心地を目的としています。インタラクティブなLCDディスプレイでは、残りのフィルター時間、個別に調節可能な吸引設定、モード(通常モード / ターボモード)、動作状況を簡単に認識できます。この情報は、ドイツ語、英語、イタリア語、スウェーデン語、フランス語、スペイン語で表示可能です。電源、ターボモード、吸引設定用のホイル保護ボタンは簡単に清掃でき、FUMOVAC 900の清潔さと快適さが向上します。

インテリジェントな簡便性

レーザーおよび超音波による手術と同じように、HF手術で切開と凝固は継続的に実行されません。自動HF/超音波リモートスイッチアクティベーターは、HFおよび超音波メスをオンおよびオフにしたときに信号を認識し、排煙装置本体の電源を同時にオンおよびオフにします。つまり、手術室チームは、排煙装置を操作することなく完全に患者様に集中できます。また、自動HF/超音波リモートスイッチアクティベーターは、フィルターの寿命も伸ばすため、稼働コストを削減します。オプションで自動HF/超音波リモートスイッチアクティベーターを利用できます。

調節可能な遅延時間

切開および凝固プロセスが完了すると、HF/超音波リモートスイッチアクティベーターは排煙装置を自動的にオフにします。煙を完全に排出するために、最大で10秒の遅延時間を個別に設定して、手術室を保護できます。

簡単に統合可能

FUMOVAC 900は、省スペースのために手術室に柔軟に設置できるように設計されています。最適なワークフローで利用するために、必要に応じて通常のHFタワーに統合することも、シーリングサプライユニットの棚に配置することもできます。スペースを有効活用する必要がある場合、個別に調節可能な汎用固定具により、アクセサリー用サイドレールが側面に付いたシーリングサプライユニットの棚にFUMOVAC 900を確実に固定できます。

FUMOVAC 900は、各病院の独自の要件に従って次の場所に取り付けることができます。

  • 標準的なHFタワー
  • シーリングサプライユニットの棚
  • シーリングサプライユニットの下部棚
  • 専用トローリー