Maquetは40年間以上、高性能なサーボベンチレータと共に、人工呼吸器のスタンダードを追求し続けてきています。その中でも麻酔器 FLOW-iは、手術室、ICU領域で培ってきた医療技術開発の中でも主要となる製品のひとつです。

FLOW-iはサーボベンチレータシリーズの中核となる技術に基づき、サーボ制御ガスモジュールとMaquet独自のVOLUME REFLECTOR® との組み合わせにより、麻酔科医のニーズに対応するように設計されています。

新生児から病的肥満まで – FLOW-iの高い換気性能により、質の高い換気を必要とする患者様にも快適な麻酔器としてご使用いただけます。

ボリュームリフレクターの技術-途切れない換気を

換気が中断されにくい安全設計です。

FLOW-iには、ボリュームリフレクターと呼ばれる呼気ガスの部分再呼吸を可能にするデバイスが搭載されています。外科的状況や患者様のポジショニングに関わらず、また、低流量麻酔において、回路内にリークがあった場合にも、このボリュームリフレクターと、ボリュームリフクレターの駆動ガス(酸素)により回路が空になることはなく、換気は中断されにくい独自の技術が駆使されています。

低酸素症リスクの最小化

ボリュームリフレクターは、酸素を用いて駆動します。リークがある場合、回路内が酸素で満たされて換気されるため、回路内が低い酸素濃度となり、危険な状態に陥るリスクを最小限に抑えます。

高速ウォッシュインおよびウォッシュアウト

FLOW-iのシステムボリュームは小さく、高速ウォッシュインおよびウォッシュアウトが可能となり、より良い麻酔制御を提供します。

必要な時にICUレベルの換気性能

十分な換気性能力は麻酔をうける患者様には必要不可欠であり、合併症予防にも役立ちます。

気道抵抗が高く、コンプライアンスが低下した肺においても正確な換気を

ボリュームリフレクターの技術とガスモジュールにより、少ない換気量(最小5mL)でも正確に換気が可能です。ボリュームリフレクターと患者カセットは堅牢で、換気量と圧力の不規則な変化を防止します。

 

安全性へのフォーカス

独自のO2GUARD機能は、低酸素血症のリスクを低減します。

O2GUARD機能は、測定されたFiO2が、21%未満で20秒以上持続した場合、自動でフレッシュガス流量および酸素濃度を増加させます。この機能はFLOW-iの標準機能として搭載されています。2, 3  →資料: "ユーザーインプレッション FLOW-i O2GUARD"    

肺保護換気をサポートするPredicted Body Weight (PBW)

FLOW-iは、Dr. Devineの公式に基づいて推奨される換気量や呼吸回数を表示させ、そのまま換気に反映させることができます。

References

2. Ghijselings IE, De Cooman S, Carette R, Peyton PJ, De Wolf AM, Hendrickx JF. Performance of an active inspired hypoxic guard. J Clin Monit Comput. 2015 Mar 11, published ahead of print.
3. Hendrickx JF, De Wolf AM, De Hert S. O2, anybody? Eur J Anaesth 2015, 32:371–373.

経済効果

効率的な麻酔薬の使用によりコスト削減

FLOW-iは効果的な麻酔薬の使用により、経済的そして環境にもやさしい麻酔器です。薬剤の使用効率は、以下のFLOW-i 独自の設計に基づいています。

• インジェクション式電子気化器

• フレッシュガスの送付は主に吸気相

• フレッシュガス流量は分時換気量に制限

• ボリュームリフレクター

 -呼気ガスの貯蔵庫としての機能

 -呼気ガスの最大95%の再呼吸率

• 早いウオッシュイン/ ウオッシュアウトを可能にした小さいシステムボリューム

• 効率的なガスモジュール

→資料:"OBSERVATIONAL STUDY:麻酔薬の使用量"

 

Automatic Gas Control(AGC™)

FLOW-iに、自動ガスコントロール(AGC)の機能が搭載できるようになりました。

AGC機能が開始すると、設定された麻酔薬レベルに到達するようにフレッシュガス流量と麻酔薬の自動調節を行います。この技術により、薬剤やフレッシュガス流量の調節に費やしてきた時間を、より患者様にフォーカスしたケアに費やすことができます。

→資料:"AGC機能とは?"

オーストリア グラーツからの症例報告*

→資料_Case_report_手術時体重393gの超早産児

下記表は、FLOW-i が393 gの新生児を換気した時のデータです。オーストリア グラーツの大学病院からの比較データで、術前のICU呼吸器と術中の麻酔器FLOW-iが比較できます。1

 

(PIP: 最大吸気圧, PEEP: 呼気終末陽圧, MV: 分時換気量, RR: 呼吸数, TV: 一回換気量)

*www.criticalcarenews.com/anesthesiaをご覧ください。世界中の麻酔臨床医および集中治療臨床医の方々のためのピアツーピアフォーラムであり、相互に経験を共有し、症例報告を読むことができます。

References

1. Patient Case Report, contributed by Dr. Waltraud Bruchelt andDr. Günter Baumann, Department for Anaesthesiology and Intensive Care Medicine, University Hospital Graz, Austria.

Original Matters

サポートプラットフォームがどんなに進化しても、その機能を患者様に届けるインターフェースに問題があれば意味がありません。Maquet純正の消耗品を使用することでFLOW-iの機能を十分に活用することが可能です。

マッケ純正の消耗品:

  • 各種試験適合確認済み
  • より良い素材とデザイン
  • FLOW-iの機能やパフォーマンスを最大限に発揮
  • 予期せぬダウンタイムが生じるリスクを最小限に抑え、FLOW-i のライフサイクルを通じて常に最適なパフォーマンスを実現

専用の各種マスク、回路システムなど患者様に合わせたインターフェースオプションを豊富に取り揃えています。どのオプションも品質が良好で、各プラットフォームの重要なサポート機能へのアクセスを常時確保できるよう工夫されています。

 

Expiratory Filters

フィルター

ユニークな構造のサーボDuoガード(除菌用フィルタ)は、感染した体液などをしっかりと遮断しながら、浮遊する細菌やウイルスから患者様やスタッフ、治療環境を守り、同時に機器を保護します(使用期間48時間以内)。

 

 

 

Non-invasive breathing masks

麻酔用マスク

再利用可能な素材やディスポーザブル素材でサイズを豊富に取り揃え、さまざまな治療用途に対応。死腔量が少なくソフトで軽量な設計は、患者様の快適性を向上させます。

 

Anesthesia breathing circuit kits

 

麻酔用回路

再利用可能な素材やディスポーザブル素材でサイズを豊富に取り揃え、さまざまな治療用途に対応。内部はなめらかな軽量スムースボア構造で、フローの抵抗を低減するようFLOW-iのために工夫されました。

 

お問い合わせ

Maquet純正の消耗品のお問い合わせは、お近くの販売元にご連絡ください。