ダウンロード


    ダウンロードできるコンテンツがありません。

体外循環中に血液が外部表面に触れると、細胞および細胞質の調節メカニズムが働きます。体外血液循環では、その性質上、血液と外部素材があらゆる場所で接触します。

BIOLINE Coatingは、人体組織を擬態する技術を使用し、体外循環システムデバイスの 生体適合性を向上させます。酸素供給器、遠心力ポンプ、ろ過器、容器、静脈内気泡トラップ、カテーテル、カニューレ、チューブ、チューブセットアクセサリーなど、血液に接触する体外循環システムデバイスに対応しています。

BIOLINE Coatingは、アルブミンとヘパリンを結合します。アルブミンが外部表面に吸着し、ヘパリン分子と結合します。ヘパリン分子は、ヘパリン分子と固定化アルブミンの間の共有結合およびイオン相互作用によって安定して付着します。

BIOLINE Coatingには、さまざまな利点があります。

血栓形成のリスク軽減

BIOLINE Coatingで処理した医療デバイスでは、血小板付着と血栓形成のリスクが軽減します。

神経損傷のリスク軽減

バイパス処置の後に、BIOLINE Coatingを施したシステムで患者を処置すると、術後の手術野に神経損傷をもたらすリスクを抑えられます。

付着のリスク軽減

BIOLINE Coatingを施した医療デバイスでは、白血球と細胞塊の付着が抑えられます。

生体適合性の向上

BIOLINE Coatingにより、体外循環システムデバイス表面の物理特性が向上します。