ダウンロード


    ダウンロードできるコンテンツがありません。

重荷重手術台に対する需要は世界中で高まっています。Maquet のALPHAMAXXは、内科医や外科医の協力を得て開発され、手術室での作業を容易にし、患者様の安全および快適性をより高めることに役立ちます。モジュラー構造のため、患者様の体格に合わせることができ、どの位置からでも重荷重に耐えることができます。ALPHAMAXXは、どのような外科処置でも短時間で簡単に設置できます。

高さ調整、長手方向、側方傾斜、特殊な位置設定、最大で450 kgの対荷重などの利点があります。

きわめて大きな対荷重

最大で450kgの対荷重。

X線互換性を実現する長手方向移動

最大で460mmのモーター駆動による長手方向移動およびカーボンファイバーモジュールを使用することで、広いX線透過範囲を提供可能です。

リバースモード

リバースモードでは、180°回転して患者を設置できます。必要に応じ、ヘッドおよびフットエンドにさまざまなポジショニングデバイスを使用できます。

人間工学に基づく使い心地

600~1060mmで高さを調整できるため、座位でも立位でも、人間工学に基づく作業位置を設定できます。

電動自走機能

基盤には電動自走機能のオプションがあります。これにより、静かな起動および安全ブレーキ機能を使用できます。また、4本の油圧式ダブルスイベルキャスターで、ALPHAMAXXを簡便に動かすことができます。

個別のレッグプレート調整

電気油圧式レッグプレートは、左右個別に調整することも、左右同期させてまとめて調整することもできます。レッグプレート取り付けポイントの自動コンポーネント認識機能により、衝突を防ぎます。

簡易クリック

簡易クリック取り付けポイントに、さまざまなソケット取り付け式モジュールを取り付けることで、さまざまな外科処置と患者の高さに合わせた設定が可能になります。

コントロールユニット

手術台は、コード付きハンドコントロール、IRリモートコントロール、フットスイッチで操作できます。緊急の場合に備え、手術台の支柱にオーバーライドパネルがあります。カラーディスプレイで、個別の手術台の位置設定を保存し、必要に応じてその設定を呼び出すことができます。ステータスレポート、手順に関する注記、障害メッセージがディスプレイに表示されます。

ALPHAMAXXは、どの外科処置の場合でも簡単に設置できます。最大で460mmの長手方向移動機能を使用することで、ALPHAMAXXをより柔軟に使用できます。

カーボンファイバー牽引バーによる脊柱の手術に配置デバイスを使用すると、術中透視装置を自由に配置し、外科チームが自由に操作できます。

下部バックプレートには、砕石位で患者を反転配置するための婦人科用カットアウトがあります。シートプレート延長部を追加で取り付ける必要はなくなります。

婦人科および泌尿器科

必要に応じて取り付けポイントにニークラッチ、レッグホルダー、レッグプレートを追加することで、人間工学に基づいて患者を適切に配置し、処置しやすい状態にすることができます。Cアームは、尿生殖路全体に使用できます。シートプレート延長部は、泌尿器治療に使用されます。

整形外科および外傷学

ALPHAMAXXは、整形外科および外傷学的処置に対しても、柔軟性と最適な患者配置を実現します。最大で460mmの長手方向移動機能により、患者を再配置したり反転したりせずに、Cアームを最適な状態で使用できます。

神経外科

専用のアクセサリーとデバイスを使用すると、腹臥位や仰臥位に加え、座位でも患者を配置できるため、頭蓋手術の際に柔軟な処置が可能になります。