ダウンロード


    ダウンロードできるコンテンツがありません。

アクロバット SUV スタビライザーは、OPCABの際に血管の安定化を実現します。

高い安定性と使いやすさを実現するこのアクロバット SUV スタビライザーは、ほとんどの成人用胸骨開創器と互換性がある取付部に加え、優れた操作と処置能力を持つ3-Dスイベルを備えています。アクロバット SUV スタビライザーは、強度と安定性により吻合部位を視認および処置できます。また、FlexLinkテクノロジーによる操作性を実現した高強度アーム、「上向き」用の革新的な3方向ソケットリスト、心臓の形に合わせて設計されたスタビライザーフットに、独立したバキュームポッドを備えています。

安定性

FlexLink アームは、最低限の反発力で最高度の強度を発揮するように設計されています。また、バキュームポッドを備えたスタビライザーフットが、心臓の位置を安全に保ちます

柔軟性

FlexLink アームと最新式のバキュームチューブにより、上下左右の柔軟性を実現し、より効率的に術野にアクセスできます

アクセシビリティ

軽量小型の設計により、術野に対する視界を邪魔しません

視認性

3方向スロットにより、処置しにくい血管でも「上向き」に保持できるため、吻合対象の視認性が最大限に向上します

オフポンプ冠動脈バイパス術(OPCAB)

現在、糖尿病、脳卒中の既往歴、病弱な体質などの持ち主の多くは、クランプを使用しないオフポンプ冠動脈バイパス術(OPCAB)を受けることで、合併症のリスクを下げることができます。従来のバイパス手術とは異なり、OPCABでは、心拍下でも吻合部位をしっかり固定し、心臓を動かしたままで冠動脈バイパス部を吻合できるため、心肺バイパスおよび血管クランプに伴う合併症のリスクが軽減されます。

心拍動下術の利点としては、次のものが考えられます1

  • 人工心肺を使用しないため、身体組織の損傷レベルを軽減
  • 認知および神経面での副作用(脳卒中など)を軽減
  • 記憶障害のリスクを軽減
  • 回復率が向上
  • 入院期間を短縮
  • 必要な輸血量を低減

使用手順

使用上の注意

使用にあたっては「添付文書」を最後まで読み、指示、禁止事項、警告、事前対策、有害事象、オペレーターの手順を確認してください。注意:連邦(アメリカ合衆国)法では、医師による、または医師の指示によるこのデバイスの販売が制限されています。

指示

アクロバット SUV スタビライザーは、胸骨切開による心臓手術に用いられます。AccessRail プラットフォームをアクティベータドライブと組み合わせて使用すると、胸骨を広げることができるため、胸腔を直接視認して手術を行うことができます。また、AccessRail プラットフォームでは、心膜の吻合を整えることもできます。このスタビライザーは、拍動している心臓の特定の血管のみを分離して固定することができます。

禁止事項

冠動脈、新たに梗塞した心臓組織、または動脈瘤性の心臓組織の上にスタビライザーフットを配置しないでください。

警告と事前対策

医師は、Maquet製品を使用した心臓手術の手順に精通している必要があります。他の開創器具と同様に、適切な処置と視認に必要十分な開創にとどめる必要があります。スタビライザーフットが心外膜の上に正しく設置され、手術部位がしっかりと安定している場合にのみ吻合を実行します。スタビライザーを心外膜から取り除く場合は、吻合部位を傷付けないように注意する必要があります。心膜の縫合をAccessRail プラットフォームで行っている場合、プラットフォームを調節したり動かしたりしないように注意します。縫合糸ホルダー機能は「0」サイズ縫合用です。アクティベータドライブは、滅菌されていない状態で提供されているため、使用前には洗浄し、滅菌する必要があります。手術器具の洗浄には食塩水を使用しないでください。アクティベータドライブの滅菌には蒸気滅菌を推奨します。その他の滅菌方法の効果は認められていないため、推奨されません。アクロバット SUV スタビライザーの最大バキューム設定は400mmHgです。

1Puskas J, Cheng D, Knight J, et al.  Off-pump versus conventional coronary artery bypass grafting.  A meta-analysis and consensus statement from the 2004 ISMICS Consensus Conference.  Innovations.  2005; 1:3-27