牽引デバイスは、汎用手術台と組み合わせて使用し、牽引中の下肢を問題なく処置できます。基本原理は、簡単な操作で知られているバーアンドソケットシステムです。

十分に試された結果、このデバイスはMaquet万能型テーブルトップとMaquet延長台による処置で使用できることが証明されています。

延長デバイスは、次のMaquet手術台との互換性があります。

簡単な設定

実践的な搬送ケアにより、手術台に簡便に取り付けできます。

ソケットベースシステム

ソケットベースシステムを使用すると、アクセサリーコンポーネントを簡単に取り付けできます。

便利な患者配置

1人のスタッフだけで、患者様の位置をどの方向にも変更できます。

イメージング

この牽引デバイスでは、透視装置を自由に使用できます。