心臓について:冠状動脈疾患

自宅の配管と同じように、冠状動脈は閉塞することがあります。冠動脈疾患は、これら動脈の内側に脂質が蓄積される(「プラーク」と呼ばれる)と発症し、以下の原因となる可能性があります。

  • 動脈の内側が厚く、隆起状になる
  • プラークの蓄積により、動脈を血液が流れにくくなる
  • 血液を送り出す心臓の負担が増える

プラークは破裂することがあり、血液の塊が動脈を完全に塞ぐと心筋への血液の供給が停止してしまいます。

1本または複数本の動脈が塞がれると、心臓組織は機能するために必要な血液供給を得られなくなります。その結果、胸の痛み(狭心症)や深刻な心臓発作などさまざまな症状が起こります。