大動脈内バルーンパンピング療法:しくみ

冠状動脈の閉塞やその他の医学的問題で心臓に十分な量の酸素が届いていない場合、身体に酸素を行き渡らせることが難しくなります。大動脈内バルーンパンピング治療は、心臓やその他の器官が正しく機能するために必要な酸素の供給と需要のバランスを回復します。

この治療では2つのコンポーネントが使われます。1つは、細いバルーンカテーテルです。大腿動脈から挿入して大動脈に留置します。もう1つはカテーテルを動かすポンプです。ポンプは心臓の鼓動に合わせてバルーンの拡張と収縮を続けます。

大動脈内に留置されたバルーンは、心臓の拡張期と収縮期のどちらも補助します。心臓の拡張期では、バルーンも拡張して酸素が豊富に含まれた血液を冠状動脈に送り出します。心臓の収縮期では、バルーンも収縮して大動脈の血圧を下げ、心臓から血液を拍出しやすくします。心臓の負担が減るため、心臓は効率的に動作できるようになります。