健康な血管の採取場所

血管の採取は、実際には心臓手術の直前に別の処置として行う必要があります。状況やバイパスする必要がある血管の数に合わせて、主に次に示す血管の内の1本または複数本を採取します。

  • 内胸動脈(胸にある動脈)
  • 大伏在静脈(脚に沿って流れる静脈)
  • 橈骨動脈(肘窩から手首にかけて走行する動脈)
  • 胃大網動脈(胃に沿って流れる動脈)

CABGでは、大伏在静脈がよく使われます。脚から大きな血管を採取してしまうことに不安を感じるかもしれませんが、伏在静脈の働きは他の血管が補うことができます。 脚や腕に他の血管が残っているため、ほとんどの患者様はまったく問題なく回復します。