冠動脈バイパスグラフト術について

心臓のバイパス術では、ご存じない方も多いかもしれませんが、実際には2種類の手術が行われています。

まず、バイパスの作成に使用する健康な血管を胸、脚、腕から1本、または複数本取り出します(これを「採取」と呼びます)。

次に、この健康な血管を使用して、心臓の損傷、または閉塞している動脈の周囲にバイパス(迂回路)を作成します。採取した血管の一端を、心臓に血液を供給している大きな血管である大動脈に接続、つまり縫合します。もう一端は閉塞部分の後ろの冠状動脈につなぎ、血流を回復します。

これら新しいバイパスにより、心臓は必要とする十分な量の血液の供給を受けられるようになります。