手術後

手術が終了すると、回復室、または集中治療室(ICU)に移動します。特別な訓練を受けた看護師が経過を詳しく観察します。以下は一例です。

  • 自分で呼吸ができるようになるまで、人工呼吸器を使用する場合がある
  • 人工呼吸器を取り外した後、咳をし、深呼吸を練習するように指示される(肺を健康な状態に維持するため)
  • 心拍数とリズムがモニタリングされる
  • 術後しばらくの間、膀胱にはカテーテルが留置される
  • できるだけ身体を動かすように指示される

退院

入院期間は実施した処置の種類や各自の回復の速さによって異なります。入院期間の目安は医師から説明があります。

帰宅時

退院する前に、自宅に帰った後についての指示を受けます。一例として次のような指示があります。

  • 次の診察予約の指示
  • 服用する薬剤の一覧と服用方法に関する指示
  • 入浴可能な時期や特別な予防措置
  • 切開部分に赤み、腫れ、体液の排出がないか注意する
  • 肺を健康な状態に保つための呼吸法や咳について
  • 歩行や物を持ち上げる際の注意事項および制限事項について
  • 疲れたときは休むこと
  • 我慢できない痛みや質問がある場合は、医師に連絡すること