MAQUET経営陣の異動 - Serge Exshaw氏が退任したMichael Rieder氏の後継となる

2014/01/01

ラシュタット、2014年1月2014年1月現在、Serge Exshaw氏がMAQUET Holdingの新しい副社長です。この異動と同時に、グローバルセールスマーケティング部長としてMAQUET執行理事会の一員となりました。Exshaw氏は、1999年以降MAQUET Holdingの常務取締役であり、Getinge Medical Systemsの執行理事会の一員かつセールスマーケティング部門執行副社長であったMichael Rieder氏の後任です。Rieder氏(61)は、2013年12月31日付けで隠退生活を始めることをかなり前から計画していました。

Serge Exshaw氏(45)はビジネススクールの卒業生で、1991年以降指導的地位にあり、国際的にMAQUETを代表しています。氏は経営と戦略分野に豊富な経験を持ち、MAQUET UKの常務取締役、MAQUET Franceの最高経営責任者、MAQUET Cardiovascularのセールスマーケティング副部長、MAQUET WEMEA(西ヨーロッパ、中東、アフリカ)のセールスマーケティング部長といった上級職に就いています。「Exshaw氏は勤務したすべての会社でひときわ優れた業績を上げています」とMAQUET Holdingの最高経営責任者Heinz Jacqui氏は指摘しています。「MAQUETで一緒に成功を続けていくことを期待しています。過去15年にわたるMichael Rieder氏の傑出した業績にも感謝します。それがMAQUETが国際的な業界リーダーとなるための鍵でした」

MAQUETについて

175年以上にわたって病院と医師の信頼できるパートナーであるMAQUETは、最も治療が困難な患者の要件を満たす医療システムを提供し、医療チームの期待を上回る世界的なリーダーです。MAQUETは、手術室(OR)、ハイブリッドOR / カテーテル室、集中治療室(ICU)などの病院内の重症ケア区域や病院内・病院間の患者の搬送のための革新的な治療ソリューションおよびインフラ機能を設計、開発、販売しています。MAQUETはドイツのラシュタットに本社を置き、スウェーデンの上場企業Getinge Group ABの最大の子会社です。MAQUETは2012年に約15億ユーロの収益を上げました。これはGetinge Groupの歳入27億ユーロの半分を超えます。MAQUETは45の国際販売サービス組織において6,300人の従業員を抱え、300を超える販売代理店のネットワークを持ちます。詳細については、www.maquet.comにアクセスしてください。

MAQUET - ゴールドスタンダード
www.maquet.com
www.getingegroup.com