GETINGEは、成長、効率化、新組織を焦点とした総合的な変革プログラムを行い、競争力を強化します。

2016/01/27

*本報道資料は2015年9月2日にドイツにて発表されたプレスリリースの意訳版です。

Gothenburg, September 2, 2015

 

「この変革プログラムは、GETINGEの収益向上や成長を保ちながら、顧客重視の組織を確立します」と、アレックス・マイヤーズ、GETINGE社長兼最高経営責任者(CEO)は述べています。

 

この変革プログラムは、次の3つを目的としています:

 

1.製品ポートフォリオの整備や、GETINGEの完全な製品ポートフォリオを提供し、より明確に医療分野のニーズやバリューチェーンに合わせてつくる販売組織を通して成長することです。焦点は、高い臨床的および経済的価値を提供する組織を構築することであり、それによって医療業界が直面している課題や変化に対応することです。

 

2.グループのスケールメリットの活用と、三つの独立した事業領域から統一した組織に変更することで収益を向上させることです。五つのフォーカスエリアがコストの課題を有効に進めるために策定されています。これらの領域の例としては、直接および間接的な購買部門および共有サービスです。

 

3.この変革プログラムのタイムリーかつ円滑な実施を可能にする新たな機能的な組織構造を確立します。

 

機能的な組織は、顧客価値に焦点を当てています

現在の組織構造は、三つの独立した事業領域から成り立っており、機能的な構造に置き換えられます。これは、個々の顧客のニーズやプロセスの調和、そして今まで以上に効率的なグループマネジメントに焦点を当てることでより良い機会をつくりだします。

 

新組織は、高いレベルの顧客サービスを提供すると同時にコストシナジーを進めるために、グループ全体のサプライチェーン機能で構成される予定です。また、3つの事業領域(BCU)は、世界トップクラスの技術開発と切れ間のないケアを通じて医療の課題に対するソリューションを提供する製品から構成されます。新しい事業領域は-Surgical Workflows, Acute Care Therapies and Patient & Post-Acute Care – 新しく、ユニークでより顧客にフォーカスした製品をご提供します。当社の市場での地位や、より良い顧客のニーズと要件を反映することを強化し、新たな販売組織は、ジョイントプロダクト群を促進するために設立される予定です。 MAQUET、ArjoHuntleigh、GETINGEの製品ブランドは保持されます。

 

「私たちが今設立しようとしている新しい機能的な組織構造は、顧客のサポートや変化の推進、シナジー効果を活用する全く新しい機会を作りだす。」とアレックス・マイヤーズは述べています。

 詳細はこちらをご覧ください。

 

Maquetについて

175年以上に渡り病院や医師にとって信頼できるパートナーであるMaquetは、医療システムおけるグローバルリーダーです。同社は、手術室(OR)、ハイブリッドOR /カテ検査室、集中治療室(ICU)並びに病院内、病院間の患者輸送を含む高度急性期エリアのための革新的な治療法とインフラ機能を提供しております。更にMaquetは、高品質製品とサービスを統合する為、顧客や生産技術者、建築家と密接に連携し、近代的な病院の期待を上回る合理的で持続可能なルームコンセプトを生み出しています。

本社はドイツのラシュタットにあり、Maquetはスウェーデンの上場企業GETINGEグループの最大の子会社です。Maquetは2014年には、GETINGEグループの年間売上高29.3億ユーロの半分以上となる、約15.5億ユーロを生み出しました。

Maquetは53もの国際的販売・サービス組織、300以上の販売パートナーのネットワーク、7,000人の従業員を有しております。

Maquet | The Gold Standard.

詳細はこちらをご覧ください。www.maquet.com      www.getingegroup.com