会社統合に関するご案内

2016/02/11

お客様各位


謹啓 時下益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。

平素は、弊社の製品、セラピー、ソリューションを、ご愛顧いただき、ありがとうございます。弊社は、医療に関するトータルソリューションを提供するグローバル企業であるGetinge グループの3つのビジネスエリアMaquet / ArjoHuntleigh / Getinge における最新の情報を常にお届けすることが重要であると考えています。

Getinge グループは、まず最初に現在の組織改革を行います。Maquet、ArjoHuntleigh、Getingeの3つのそれぞれの独立した 企業は、今後全世界レベルで1つのGetingeグループ会社に統一されます。 日本国内においても、はじめに4月1日をもって、アルジョハントレー日本オフィスとの統合を行い、社名マッケ・ジャパン株式会社を「ゲティンゲグループ・ジャパン株式会社(英語名 Getinge Group Japan K.K.)」に変更することとなりました。

尚、現存するゲティンゲ・ジャパン株式会社との更なる統合については、統合時期と合わせて改めてご案内させていただきます。

 

今回の変革により、今後は、病院での一連のケアに基づき、皆様のニーズによりフォーカスしたサービスの提供が可能になります。一連のケアとクリニカルパスを反映し、Getingeグループのトータルポートフォリオは:
Surgical Workflows、Acute Care Therapies、 Patient & Post-Acute Careに分かれます。

Surgical Workflows – Enable
インフェクションコントロール、サージカルワークプレイス、最新のITトラッキングシステムの組合せにより、滅菌設備と手術機器のフローを最適化します。

Acute Care Therapies – Treat
生命や臓器に関わるソリューションの幅広い選択を可能にします。ICU関連の設備と併せて、Getingeは優れた急性疾患におけるライフサポート製品群を提供します。

Patient & Post-Acute Care – Care
療養及び移乗機器等の早期離床、関連製品を組合せ、病院や施設での患者・利用者のケア環境でより良いソリューションを提供します。

これまでご愛顧いただいております、Maquet、 ArjoHuntleigh 、Getingeの 製品ブランドは維持され、今後もこれらのブランドへの開発投資を継続していきます。あらためて皆様にお会いして、Getingeグループがご提供できるトータルソリューションと病院様に対して臨床面と経済面の利点をご紹介できますことを楽しみにしております。

これからも卓越したサービスを提供し、お客様との対話を大切にしていきます。今後とも何卒変わらぬ御愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

まずは略儀ながら書中にて御挨拶申し上げます

                                                           敬白

平成28年2月

マッケ・ジャパン株式会社  代表取締役社長

ゲティンゲ・ジャパン株式会社  代表取締役社長

アルジョハントレー ジャパンオフィス代表

山下秀明                         

         

→会社統合に関するご案内.PDF