1838年から続く卓越した医療機器

毎日、世界中で約700,000人が手術を受けています。これらの手術の1/3にはMaquetのORテーブルが使われています。今やMaquetはみなさまの周囲で広く使われています。手術室の壁から ポータブル生命維持装置、OR統合ソリューション、そしてハイブリッドOR向けのオールインワンコントロールシステムまで取り扱っています。

当社が設立された1838年、当時はまだ麻酔や医療における手洗いは、医療の一部として常に行われているものではありませんでした。ちょうど、Samuel Morseが電信機の最終段階の開発を行っていた頃でもあります。薬は数十年かけて進化、同様にMaquetもORテーブルを製造する中規模メーカーから世界をリードする総合的な治療ソリューションプロバイダーへと成長しました。

手術分野で革新的な進歩を遂げてきた当社の歴史は、医療研究や手術の迅速な進歩の歴史であるとも言えるでしょう。設立以来、Maquetの製品は世界中の病院から信頼され、のちに総合的な治療ソリューションプロバイダーへと成長しました。19世紀の終わりには、 Maquetはその卓越した成果により、国際的な賞を36回も受賞しました。手術インフラストラクチャー、呼吸器ソリューション、心血管外科手術または麻酔領域も迅速に発展してきました。それからの十年間、製品の種類を増やし、世界的な販売とサービス組織に発展し、広い販売ネットワークを構築しました。

2000年、MaquetはGetingeグループに買収されました。Getingeグループは、スウェーデンに本社を置くヘルスケアと生命科学領域の品質とコスト効率向上を目指す世界的な製品とシステム提供者です。

MaquetはGetingeグループの製品ブランドです。Maquetブランドは、毎日幅広い製品と革新的な治療ソリューションを提供し、多くの命を救い、卓越した治療に貢献しています。

 

Passion for life

Getingeグループは手術室、集中治療室、病棟、中央材料室、介護施設、ライフサイエンス関連企業ならびに公共施設向けに製品とサービスを提供しています。会社にはArjoHuntleigh、GetingeとMaquetという三つの製品ブランドがあり、2015年には3千万スウェーデンクローナの売上を達成しています。
製品はブラジル、フランス、カナダ、中国、ドイツ、ポーランド、スウェーデン、トルコ、イギリスとアメリカなどの工場で製造されています。現在当社では、世界40カ国の15,000人を超えるGetingeの従業員が患者様の生活の質の改善に努めています。